さよならってことにしよう それも今がいい

2017.04.22 Saturday 14:27
0

     

    加川良さんのこと。

     

     

    初めて聴いたアルバムは「アウトオブマインド」。20歳の頃か。以来度々聴いている。

    加川さんの声がいいし何しろサウンドがいい。

     

    自分がソロで歌い始めようとしていた頃にこのアルバムの中の「ラブソング」を歌って見たいと思い、やってみたのだがどうにもオリジナルの方がいいので、僕がやっても意味ないなーと思ったのだが、どうにかやれないかと頭をひねって出来たのがギターをオープンチューニングにしてトレインブルーズのようにするという形。

    汽車の様子を真似るのはブルーズにはよくあるからね。

    でも3拍子の曲を4拍子にというように好きなように形を変えて歌っているものだから、1stアルバムに録音して収録するには「こんな風にやっているんですけどいいですか?」と加川さんに一言聞いておかねばなるまい。

    そこでレコード会社の方に連絡を取ってもらいまして、快く「いいよ」と返事をもらったのが初めての会話だった。そしてラカーニャでのライブも聞きに来てくれた。

    その後も何度かお会いすることがあって、いつも優しく接してくれて嬉しく思ってました。

     

    西岡恭蔵さんのトリビュートコンサートを恭蔵さんの生地である伊勢志摩でやった時には、

    僕が出番の前にステージ袖で緊張して困りますと言ったら(頭が真っ白になって歌詞が出てこなくなる時が度々あったのだ)、

    「浩司くんな、大丈夫、失敗したらもう一度最初からやり直せばいいだけだから、な。」

    といつものように優しく声をかけてくれた。

    そして、司会進行の大塚まさじさんから紹介され僕の出番。

    さて、歌い出し1行目、そして2行目、、の歌詞が出てこない!

     

    言われた通りにやり直しましたよ。

    「加川さんがやり直していいんだぜ!って言ってくれたんだらな、へっちゃらだぜ、恥ずかしくなんてないぜ。」と思いながら、その後は落ち着いて出来ました。

    しかし、その夜の打ち上げの席で主催者のひとりに「君はまだまだやなー、間違いなんかしよってー」と言われました。ハハハ。

    いい思い出です。

    ありがとう加川さん。

     

    亡くなったというニュースを聞いた次の日、

    下北沢のラカーニャに行った。

    マスターが、浩司ならこのアルバムか、と思ったのかどうかわからないけど、手にしたアルバムは「アウトオブマインド」。

    そうなんです、聞きたいのはそれなんです、と心の中で喜び、なおかつ聞きたいのはB面なんです、と念を送るとかけてくれたのはB面。

    ありがとうマスター。

    「たかが私にも」という曲の一節、

     

    「さよならってことにしよう  それも今がいい」

     

    この一節を聞きたかったんです。

    ありがとうマスター。

     

    それから5時間近く、いろんなアルバムを聞いていろいろ話をして帰宅。

     

    加川さんどうぞ安らかに。

     

     

    category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

    今週末22日&23日は大阪〜香川に行きます!

    2017.04.18 Tuesday 03:03
    0

      今週末は安宅浩司ライブが2つあります。

      ひとつは大阪cafe marthaにて、心の友スチョリ君との

      「Such a Night!」

      http://schedule.kojiataka.com/?eid=1397186

       

      ふたつめは香川の観音寺市にて「まちあわせ2017」という

      イベント。出演者がたくさんで少し緊張します。

      http://schedule.kojiataka.com/?eid=1397187

       

      どちらも強力におすすめですので、お近くの方是非お越し下さいませ。

       

       

      category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

      良く寝て満たされている月曜日です

      2017.04.17 Monday 10:49
      0

        なんだか先週はハードな一週間であった。

        くたくたで昨日はたくさん寝た。

        今朝は疲労は残っているけど気持ちは満たされている。

        ほんとに睡眠て大切だなあ。

         

        書きたいことがたくさんあったがまずは昨日と一昨日。

         

        昨日は武蔵野市民文化会館というところで栗コーダーカルテットのサポートで

        演奏。栗コーダーの皆さんには笛の吹き方を丁寧に指導してもらってます。

        僕がリコーダーを吹く曲も3曲に増えました。

        難しいけどとても面白いです。

        ウクレレもああ見えて結構難しい楽器だと思う。

        普段あまり弾いていないというせいもあるけど、

        楽器にはそれぞれ鳴らし方があるので(弾き方ではない)、

        ウクレレのいい感じ(コロンコロンとした軽やかな感じ)を出すには

        もっと練習が必要だ。

         

        この手の探究には終わりなんてない。

         

        前日の土曜日はイノトモさんと埼玉のときがわ町というところでやる

        アートキガワ展にて演奏。

        会場は山の奥の方にあるキャンプ場で、なかなか遠いところだったので

        車を借りて行った。渋滞には巻き込まれず済んだけどそれでも帰宅したらクタクタだった。

        気持ちの良い空間で演奏できて、行楽気分も味わえてよい一日だった。

        イノトモさんとは車中での会話も楽しく、ステージではいつものように

        ある意味スリリングで自由にのびのびやれました。どうもありがとう!

         

         

         

         

        category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

        茅場町にて昔ながらの喫茶店

        2017.04.05 Wednesday 23:23
        0

          歌うたいの友人と久しぶりに会った。

          茅場町にて。

          たまたまそっちの方面に行ったからめったに行くことのない茅場町にて。

          さて、どこでコーヒー飲むかなと駅周辺を歩いてみると、

          古めかしい喫茶店が大通りの裏にあった。

          大通りにはプロントとスターバックスがあったけど、

          もっとこじんまりとしているところが良かったのだ。

          昔ながらのとても落ち着いたお店で居心地が良かった。

          そしてなんとコーヒー一杯が340円であった。

          いまどき!

          ちょっとした感動である。

          茅場町に行ったら、また行くのも悪くないなと思った。

           

          少し書いてはアップしそびれていたものを3つ続けて

          投稿したが、思いもよらず「生きる」みたいなテーマに

          なってしまったな。

          category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

          持てる荷物だけで

          2017.04.05 Wednesday 23:15
          0

            野田知佑さんの「ユーコン川を筏で下る」という本を読んだ。

            野田さんの本が好きで、20〜30代の頃にたくさん読んだ。

            何しろ文体がすっきりしていて読みやすく、そして含みが多くて深い。

             

            最初の「日本の川を旅する」という著書からぼぼ読んできたと思う。

            基本的に冒険というかロマンというか、とても楽しく読める本ばかりなのだが、

            年を経るに連れて嘆きの文章が多くなってきてどうにも辛くなってきていた。

            それだけ日本の川を取り巻く環境がどんどん悪くなっているのだなととても勉強にはなるのだが。

            野田さんもそんな様はきっと書きたくもないのだろうが、どうにも避けられないところなのだろうと思う。

            でも、今回のこの本はカナダのユーコン川の話なのでその辺のストレスはなく

            いつもの簡潔で流れる風のような文章である。

            「筏作りは人生に似ている。大きすぎると小回りがきかない。」なんて書いてある。

             

            そうそう、簡潔に簡素に生きていかなきゃな、と思うのである。

             

             

             

             

             

            category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

            必要なのは笑い

            2017.04.05 Wednesday 22:46
            0

              友人ががんであると聞いた。

              とてもショック。

              どうしてかって僕より若いからだ。

              心から手術の成功祈ります。

               

              しかし本当にまあこの厄年前後というのは

              人の身になにかしらの出来事が起こるようだ。

              僕もここ数年は毎年どこか調子が悪くなっては回復し、

              というのを繰り返している。

              体力だけは維持しないとな。

              楽器が運べなくなるから…。

              それもこれも生きていればこそ。

               

              友よ、頑張れ。

              頑張ってくれ。

              こんな時にこそ、笑いを。笑顔を。

              category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

              先週のライブ

              2017.03.26 Sunday 16:30
              0

                一週間ほど過ぎてしまったけど、先日は下北沢ラカーニャでふらり・ねのライブ、

                高円寺で杉瀬陽子さんのライブでした。

                ふらり・ねではペダルスティール、アコギ、マンドリン、バンジョー、スプーンと

                たくさんの楽器を弾きました。ふらり・ねの音楽がとても幅広いので加える楽器も増えてしまうのですね。

                知り合ってから一年近くたつけど、こんな風に一緒にやるのは初めてでした。

                とても豊かな夜になりました!

                 

                一日おいて高円寺メウノータ。いつ以来かなあ。

                家からまずラカーニャに向かい、置いてあったペダルスティールを取りに行き

                その足で高円寺へ。

                下北沢から小田急に乗ったのだが、新しく地下駅になってから乗るのは初めてだった。

                井の頭線を利用することがほとんどだったので思えば今までなかったのだ。

                深かったなあ。。

                楽器を持って利用するには厳しいですね。

                それでもって久しぶりの高円寺なんですが、なんだかいつもゆっくりする時間がないような感じで

                わたわたとしている間にライブになり、ちょっと片付けてちょっとご飯をいただきしているうちに

                終電だ!と急いで帰宅というなんだかハードな一日だったのでした。

                ライブはとても楽しく充実してました。次は大阪で!?

                 

                 

                category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                ああブルーズ

                2017.03.08 Wednesday 06:06
                0

                  「ロバートジョンソンよりも前にブルースギターを物にした9人のギタリスト」という

                  やけに長いタイトルの本を読んだ。

                  正直なところ、このタイトルはなんだかなと思っている。

                  原題は「EARLY BLUES  /THE FIRST STARS OF BLUES GUITAR」

                  ・Sylvester Weaver

                  ・Papa Charlie Jackson

                  ・Blind Lemon Jefferson

                  ・Blind Blake

                  ・Blind Willie McTell

                  ・Blind Willie Johnson

                  ・Lonnie Johnson

                  ・Mississippi John Hurt

                  ・Tampa Red

                  の9人のことが書いてある。

                   

                  僕にはタイトルだけがピンと来ないのだが、内容はとてもとても面白い。

                  いわゆるカントリーブルースだとか戦前ブルースなんてくくり方をされている

                  この音楽が僕はとても好きでありいろいろと聞いてきた。

                  とはいえ、広くたくさん聞いてきたのかといえばそうでもないかもしれないな。

                  その時々の音楽的好みというのもあるし。

                  この本の中では特に好きで聞いてきたのはBlind BlakeとBlind Willie Johnson。

                  近年好きなのはBlind Willie McTell、Mississippi John Hurt。

                  戦前の録音物はたいていノイズとともにあってそれもすぐに慣れるし

                  悪くはないと思っている、のだが、

                  Blind Lemon Jeffersonはその昔聞こうとしたけど、なんだか音が悪いなと思って

                  あまり入り込めなかった。

                  それも本を読むとBlind Lemon声がとても大きかったので針飛びするから録音レベルが

                  小さかった(ためにサーというノイズが大きい)などと書いてある!

                  なんてことだ、面白い。

                  Blind Blakeは声も小さめだったので録音レベルが大きいので音質も良いとか。

                  録音技術の進化もあるだろうけど。

                  なんてことを面白がって読める僕には面白い本なのです。

                   

                  Tampa Redはそんなに聞いてこなかったけど直系のスライドギターを弾くRobert Nighthawkは

                  大好きでよく聞いている。

                  しかしこの本で一番読みごたえがあるのはLonnie Johnsonの項じゃないかな。

                  この人だけキャリアが長かったということもあるだろうけどページ数が多くて内容もとても細かい。

                  そして読むほどに他のブルーズマンとは全然違ってその枠に収まりきらない人だとわかる。

                  その昔「Pioneer of Jazz Guitar」というレコードを聞いていたけど、このLonnie Johnsonという

                  クレジットの人は別人なのかなと思っていたくらいだった。

                  今まではブルースに関する本を読んでもあまり特別視されているわけでもないような気がしていた。

                  Robert Johnsonに比べれば。

                  でも本書ではLonnie Johnsonのことが、この曲ではバイオリンを弾いているとか、

                  この曲ではバンジョーとか、かなり詳しく書いてあって実に興味深い。

                  幅の広さ枠の広さゆえに、ブルース畑ジャズ畑どちらからも語りづらい人だったのかな。

                   

                  こんな歳になって再発見&再認識しました。知ってた人は知ってたんだろうけど。

                  世の中にはまだまだ自分の知らないことで心にふれることがありますね。

                   

                  まあマニアックではありますが、古いブルーズに興味のある方には

                  楽しめる本だと思います。

                   

                  category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                  音楽室にて

                  2017.03.08 Wednesday 05:13
                  0

                    おとといは駒沢さんとリハ。

                    今週末3/12(日)に武蔵小山アゲインでライブがあります。

                     

                    先月に続いて2度目のライブです。

                    少しずつですがようやく呼吸が合ってきたのかなと思えるリハでした。

                    でも気を抜かないように気を付けないと。。

                     

                    向かい合って、先生と生徒のような感じで。

                    category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                    今後のライブ予定もろもろ

                    2017.03.02 Thursday 05:49
                    0

                      3月に突入。

                      早いですね。

                       

                      3月中のライブは

                      3/12(日)駒沢裕城&安宅浩司@武蔵小山アゲイン

                      3/18(土)ふらり・ね@下北沢ラカーニャ

                      3/20(月)杉瀬陽子@高円寺メウノータ

                       

                      4月のライブも載せておこう。

                      4/12(水)駒沢裕城&安宅浩司@十条カフェソト

                      4/22(土)安宅浩司&スチョリ@大阪martha

                      4/23(日)安宅浩司、他多数のイベント@香川  川鶴酒造 鶴鳴館

                      他にもありますがとりあえず。

                       

                      あとは後回しになっている自分の曲をたくさん作らなきゃ。

                      iPhoneのボイスメモに録りためてある曲の断片を整理見直し中。

                       

                      category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      ココニアル
                      ココニアル (JUGEMレビュー »)
                      安宅浩司
                      2nd album
                      2010年リリース
                      Recommend
                      それでいいんじゃないかと
                      それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
                      安宅浩司
                      1st album
                      2007年リリース
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM