11月27日

2018.11.27 Tuesday 05:52
0

    先日クイーンのことを書いたら、すっかりクイーンモードになってしまい

    ずっと聞いている、アルバムをまんべんなく聞いている。

    驚くほど細部まで覚えているので、思春期に身体に取り入れたものは

    こんな風にして呼び出すことが出来るのか、と感心している。

    category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

    1週間後(12/2)は京都です!

    2018.11.25 Sunday 06:12
    0

      さて、一週間後に京都です!

      久しぶりなので聞きに来てほしいです。是非とも。

       

       

      12月2日(日)京都 エンゲルスガール

       

      「杉瀬陽子×安宅浩司ツーマンライブ」

       

       

      料金:前売予約2000円/当日2500円 (+1ドリンクオーダー)

      時間:17時半開場/18時開演

       

      ◇ご予約はsunchild45@gmail.comで受け付けております!

      ◇杉瀬陽子http://sugiseyoko.com/

      エンゲルスガールtwitter 

        @ENGELS_GIRL

       

      *中古レコード屋さん⁉

       一体どういうことだ!とまだ行ったことのないエンゲルスガールさんは

       とても興味深々なお店です。レコードに囲まれながらやるのかな。うれしいな。

       安宅は久しぶりの京都です。ご予約をお待ちしてます!ほぼ生音のライブになるかなと思います。

       

       

       

      今日も続きでクイーン話

      2018.11.24 Saturday 07:14
      0

        今日も続きでクイーン話。

         

        中学の時は3年の時の担任の先生がクイーン好きだった。

        たぶん個人面談の時に君の趣味はなんなのか、と問われ

        僕は洋楽が好きでよく聞いてますと答えたんだと思う。

        そしたら先生はいうクイーン好きで学生の時に見に行ったわよ、といったので

        驚いた。

        おー、本当に初期のクイーンは女性に人気があったのか!と。

        フレディの気持ち悪いところを含めて好きだと言っていたような

        気もするな。

         

        それとは別だが、1年の時の担任の先生は同様な会話をした時、

        サンタナが好きだということが分かった。

        その年に軽井沢でサンタナ、ジェフベック、スティーブルカサーの

        3人のギタリストのコンサートがあって(テレビで放送したので

        見た)、先生はそのコンサートを見に行ったけどとても良かったよ、

        と言っていた。

        サンタナ靴肇ャラバンサライというアルバムはとてもいいと勧められ

        のちに聞いた。

         

        さて、数年前に杉瀬陽子さんと会い、

        彼女の3枚目のアルバムを録音するのにお手伝いをさせてもらった。

        僕の知り合いの中では珍しくクイーン好き女子である。

        そのアルバムの中の一曲に「Dear Alessi」という曲があって

        この曲のアレンジはクイーン的なものにしたいということで、

        ギターのアレンジを考えた。

        あまりたくさんギターを重ねてしまうとやりすぎと思ったので

        結局2本のハモリのした。一か所3本にしたかな。

        フレーズは考えたけど音色は難しく、一緒に参加していた中森泰弘さんの

        機材を借りてつまみをいじってもらって完成。

        弾いたのは僕だけど中森さんのおかげで出来た。

         

        誰々風の演奏は得意じゃないけどあの時はそれを楽しんでやってみた。

        クイーンは好きだけどブライアンメイを真似したいと思ったことはないな。

        コピーしたこともほとんどないな。

        コピーしたいと思わない別の次元のギターだな。

         

        今日も朝からラジオでクイーンが流れてる。

        Inter FMにて。

        映画の宣伝の流れかと思ったら、

        今日はフレディの命日だと気がついた。

         

         

         

         

         

        category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

        クイーンの話

        2018.11.23 Friday 05:54
        0

          (今回は長い。ただクイーンが好きというだけの話)

           

          映画ボヘミアンラプソディを見に行きたいながらも時間がなくて

          まだ行けていない。

           

          で、クイーンの話。

           

          クイーンは僕の洋楽体験のうちの最も早い頃にある。

          洋楽を聞くようになったきっかけはいくつかあるけど、

          その中でクイーンはよく覚えている。

          兄がグレイテストヒッツというアルバムをレンタルレコードで借りてきた。

          小5の僕はなんだよこれ!めちゃめちゃ変だよ!というのが感想。

          確か一曲目がボヘミアンラプソディで、それは一番変だと思った。

           

          しかしそんな年齢の子供はとにかく何度でも聞く。

          まあそのうちに刷り込まれていったんだな。

          そしてそんなクイーンが来日した。

          調べてみると、

          1985年の来日、そして数か月後はあのライブエイドがある。

          1985年は僕は小6だ。

          NHKで1時間くらいそのライブを放送してこれを録画して何度も何度も見た。

           

          ライブエイドは衛星中継というやつで、兄がテレビの前にかじりつき

          見たいと思うものを録画していた。

          日本のスタジオ内でいろんな人が出ていてあーだこーだと

          コメントがあったり、当時の衛星中継というものはいろいろ不具合があったようで

          イギリスの映像が入ってきた、と思ったら途切れたり、

          なかなか見たいものも見られないといった記憶がある。

          その日の兄はたぶん初めて親に願い出て一晩中テレビの前で録画していた。

          だからたぶん僕は翌日起きてから、大仕事をやり遂げた兄と一緒にクイーンの場面を

          見たのだと思う。

          この映像も何度も何度も見た。

          その頃にはすっかり好きになっていたので、すごいパフォーマンスだな

          かっこいいなと思っていた。

           

          しかし、このクイーンが好きだ、ということを

          友達に伝えるのはなかなか難しいところがあった。

          だってフレディが、この来日の時はたぶん記憶によれば、

          下半身はタイツで上半身裸で、胸毛ボーボーで、髪はオールバックのよう、

          そして口ひげ。

          さかのぼれば長髪で胸の大きくあいた全身タイツ(レオタードっていうのかな)の頃もあったし。

          ライブエイドはまだよかった。一般的なジーンズだし、白いシャツだし、

          スニーカーだし。あの腕輪には何か意味があったのだろうか。

           

          さかのぼって過去のアルバムも全部聞いたし、プロモーションビデオも

          見たし、クイーンにはどっぷりつかったのだが、見た目がなんだか

          友達に好きで進めたいにもかかわらず魅力を伝えにくいところがあった。

           

          楽曲も実に幅広いので何を入り口にしたらよいのか、難しいところがあると思う。

          何か一曲を選べ、というと難しいバンドだ。

          となるとボヘミアンラプソディなのか。

          といってもその曲が一番好きか、と問われるとそうでもない。

          ほとんどの曲を好きではあるが、

          長年不動の3本指に入る曲としてはサンバディトゥラブか。

          このゴスペル感覚(子供の時にはそんなことは知らない)は

          アメリカンルーツ的なものに通じていて、やはりその辺がぼくの

          好みということなのかもしれない。

           

          中学生のころにはまわりにも音楽好きな友達もできて、

          話が合うかなと思って、実はクイーンが好きなんだけどと言っても

          あまりピンとくる人はいなかったと思う。

          クイーンはその後今に至るまでいくつかブームがあったので

          より幅広く知られて、その少数派気分を味わわなくっていい。

           

           

          まだ書きたいことはあるけど、ずいぶん長くなったのでこの辺で。

           

          クイーン初期のアルバムならクイーン兇箸いΕ▲襯丱爐いい。

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

          「組曲 日出の風景」

          2018.11.21 Wednesday 06:38
          0

            大分県の日出町へ行ってきました。

            栗コーダーカルテットのコンサート後半には

            日出町中学校の吹奏楽部との共演がありました。

            「組曲 日出の風景」(全5曲で約17分)という書下ろしの曲を

            演奏しました。

            この5曲は栗原さん、関島さん、川口さんの3人が書いたもので

            これがとても素晴らしく、デモを聞かせてもらった時には

            これを一緒に演奏するのか、これでは泣いてしまいそうだ、と思ったものでした。

             

            前日に合同でリハーサルをして、細かいところをチェックしていき、

            翌日本番。

            前日のリハーサルとは打って変わって本番の吹奏楽部の皆さんの

            音が生き生きとしていてはじける様には安い言い方かもしれませんが本当に感動しました。

            5曲中2曲は僕は出番がなく聞いているだけでしたので

            その貴重な時間を楽しみました。

            いい経験となりました。

            みなさまありがとう!

             

             

             

            category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

            自動的にアップデート、について

            2018.11.20 Tuesday 06:01
            0

              iphoneのOSが夜中に自動的にアップデートされてしまうのが

              嫌いである。勝手に更新されて新しい画面になってしまうとどうにも

              調子が狂う。

               

              で、ひと月くらい前から急にデータ使用量が増えたので速度制限します、

              なんてことになり追加でデータ使用量を購入なんて流れに

              なったりした。

              そんなにスマホをいじっている時間は変わらないと思うに絶対におかしい!

              と色々調べてみたらアップデートされたときにモバイルデータ通信量の設定のところを

              ちょっと手直ししないとどんどん勝手に通信量が消費されていってしまうようで。

              ヒジョーに腹を立てている次第であります。

               

              先週末は大分の日出町というところに行ってましたが、

              確かにWi-Fi環境にはいなかったけどもデータ量300MBは消費したとのことだけど

              うーむ、大して動画とか見ないけどなー、うーむ、まだなんだかおかしいなー、

              とすっきりしないのであります。

               

              というところで自動的にアップデートしない、という設定にすればよいのか

              と今更ながらに思いそうしてみた。

               

              日出町でのことはまた書こう。

               

              category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

              珍入者

              2018.11.16 Friday 23:54
              0

                夜、薄暗い台所で会いたくない奴は黒いゴキさんである。しかし今日出会った奴はそいつではなかった。

                あれ、こんなところに野菜(緑の葉っぱ系のもの)を落としたかなと拾おうとしたらバッタであった。

                わお。

                君はどこから来たのだ!

                すっかり寒くなってきたというのに。

                つまみ出したけどあまり元気なかったな。

                すまん。


                category:- | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                Calender
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                3031     
                << December 2018 >>
                Selected entry
                Category
                Archives
                Recent comment
                Recommend
                ココニアル
                ココニアル (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                2nd album
                2010年リリース
                Recommend
                それでいいんじゃないかと
                それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                1st album
                2007年リリース
                Link
                Profile
                Search
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM