病気ネタ(その5)

2020.04.23 Thursday 06:48
0

    網膜剥離になってしまったことをつらつら書いてきたが

    そろそろおしまい。

     

    どうしてなってしまったのかというと、

    お医者さんによると「加齢と運」だそうだ。

    こればかりは仕方がない。

    自分が思っているよりもはるかに身体は歳を取っているようだ。

    尿路結石の時もそうだったが

    50〜60代になると増えてくるような症状が今出てる。

    10年先取りだ。

    ちなみに身長体重などはずっと変わらないのでヘルスメーターはいつも

    体内年齢23歳あたりを示している。ギャップが激しい。

     

    そうそう、眼球のこと。

    目の中には順調に水が溜まってきて目が見える(網膜に映像が映る)ように

    なってくるのだが、

    この状態はまるで、水に潜って水面から半分は水面下でぼやけて見え、

    水面上ははっきり見える、という感じなのだ。

    目の中で水がタプタプしているので見えづらいのだが結構面白い。

     

    顔を真下に向けて物を見ると、虫眼鏡でモノを見る状態と同じになるようで、

    例えば本を10〜15センチくらいに近づけてみると、超拡大されてクリアに物が見える。

    虫眼鏡そのものだ。

     

    眼球が水で満たされていくと、この虫メガネレンズが小さくなって行き

    普通に見えてくる。

    退院後大体1週間くらいでほぼ眼球の中は入れ替わっただろうか。

     

    嬉しくもありちょっとさみしくもあった。

     

    緊急の手術からほぼひと月経ち、完治した、と言ってよいかな。

    ただ若干、光を強く感じるようで晴れた日は結構まぶしい。

    夏はサングラスが必要かもと思っている。

     

     

     

     

     

    category:日記 | by:ataninicomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    ココニアル
    ココニアル (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    2nd album
    2010年リリース
    Recommend
    それでいいんじゃないかと
    それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    1st album
    2007年リリース
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM