宝塚〜加古川(12/1)

2018.12.04 Tuesday 06:27
0

    なかなかにハードな一日だった。

    家を6時半過ぎに出て関西蚤の市の会場である阪神競馬場内の楽屋に着いたのが

    お昼くらい。それでお弁当をかきこみ、譜面を整理して

    サウンドチェックをして本番。

    やるころには若干曇ってきて手先も冷えたけど、

    空が広くて開放的で、お客様は和やかでとても気持ちの良い

    ステージでした。

    撮った写真が一枚もないので、ここで栗コーダーのブログのリンクを貼ってしまおう。

    https://ameblo.jp/kuricorder/entry-12422926006.html

     

    栗コーダー終演後はサウンドチェック中のビューティフルハミングバードの

    二人に手を振り、私は加古川のチャッツワースへ向かう。

    まるで超多忙な人のようだがこんなことは珍しい。

     

    チャッツワースは山田稔明君のライブ。

    山田君とはここで一緒にやるのが10年ぶり。

    そして二人でやるのも久しぶりだけど

    あんなにたくさんやったのは初めてなんじゃないかな。

     

    僕はまずは前座として時間をもらい4曲歌った。

    曲目は

    1、それでいいんじゃないかと

    2、笑ってみたら

    3、それから

    4、いまだから

     

    そして山田君のステージでもたくさんバッキングヴォーカルを

    とりたくさん歌った。

    バッキングヴォーカルというのはなかなか難しい。

    弾きながら歌うという感覚では曲に入り込めない。

    歌いながら弾くというのでないと。

    つまり歌っていない部分も口の出さずに心のどこかで歌っていないと

    うまくはいかない。

    とまあ、そんなことは当たり前か。

     

    ここでも撮った写真が一枚もないので、山田君のブログのリンクを貼ってしまおう。

    http://toshiakiyamada.blog.jp/archives/2018-12.html

     

    横になって寝たのは1時くらいか。

    長い一日終了。

    category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    ココニアル
    ココニアル (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    2nd album
    2010年リリース
    Recommend
    それでいいんじゃないかと
    それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    1st album
    2007年リリース
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM