空を見ていた僕

2018.09.30 Sunday 06:04
0

    今日も天気が悪いので晴れた日の写真を。

     

    子供の時に見上げていた空を飛ぶ。

     

    移動の時は大体通路側になることが多いのだが、

    この時(5月だったかな)の飛行機は窓側だった。

    羽田を飛び立ち、ずっと外を見ていた。

    あれは二子玉川かなあ、するとこっちはシン・ゴジラに出てきた武蔵小杉かな、とか。

     

    すると向かって行く方角は実家の方かな、

    もしかしたらその上あたりを飛ぶかもしれない、と

    眼下の景色に目が離せなくなってきた。

     

    そうしてしばらくすると見事に相模原市はよく見えた。

    子供の時に見ていた空の方角に今、飛んでいるのかー、と

    感慨というほどでもないちょっとした喜びがあった。

    空を見ていた僕と街を見下ろす僕が、何十年か経って出会う、と。

     

     

     

     

     

    それにしても日本列島を縦断しなくてもいいじゃないか、台風。

    みなさん無事でありますように。

    category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    ココニアル
    ココニアル (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    2nd album
    2010年リリース
    Recommend
    それでいいんじゃないかと
    それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    1st album
    2007年リリース
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM