接骨院へ

2017.05.20 Saturday 15:21
0

    年を重ねるたびに体のどこかに不具合が出てくる。

    まあ仕方のないことかなとも思うし、こんな話いつもしているみたいでいやなのだが

    今回はどういうわけだが脚を痛めてしまった。

     

    それは4月の始めころ、ももの付け根当たり、いや腰回りだったか

    はっきりとは覚えていないけどもなんだか痛むなーと思いつつ

    あまり深く考えず過ごしていたら(一週間くらい)、夜は痛みで寝返りが打てず眠れず

    翌朝は歩くのもままならないほどになってしまった。

    その日は日曜日で行ったことのある接骨院は休みで、

    かろうじてやっているところを見つけて行ったけどあまり感じの良いお医者さんではなかったな。

    けど病は気から的なところもあるからその人を信じてマッサージしてもらった。

    結局はよくわからないけど、もものあたりの筋肉が炎症してしまい

    それをかばって動かしているからまわりに負担がかかって炎症が広まって

    痛みが拡大してしまったのだろうと。

    おっしゃることはわかりますけどね、それを和らげて欲しいんです僕は、、

    と声にも出せないくらい痛くて(マッサージが)とてもつらかった。

     

    その後は家でいつも使っているキュウレイコンという漢方の塗り薬を貼り

    3日ほどで一応は治った。

     

    そして3週間ほど経って山田稔明君のライブの日。

    終わって片付けているころなんとなくまた痛みを感じ出し

    帰るころにはまた「こりゃまずいな」と思えるほどに痛くなり、結局その後はまた

    接骨院に。

    今度は針治療もしているところで初体験の針。

    今度のお医者さん(て呼んでいいのかな)はなんだか安心感を与えてくれる人で

    とてもほっとした。

     

    接骨院では隣のベッドとカーテンで仕切られているだけなので、ほかの患者さんと

    先生との話などがよく聞こえる。

    隣で治療を受けていた人はどうやら90歳代の方のようだが、しっかりとした

    話し方だった。

    「満州で終戦を迎えましてね、帰ってくるのに一年かかってしまいました。

    一年間収容所に入っていたんですよ。向こうはね、冬は本当に寒くてね

    外は-30度くらいになるんですよ。

    私ひとりはこっちに帰って来れたけど、母と姉はね、

    向こうへ行ってしまいました。

    戦争はね…、よくないですよ。」

    と、淡々と実に淡々と話していた。

    僕はこういうリアルな話を直接聞いたのは初めてで

    胸に突き刺さった。

    涙が出た。

     

    また別の患者さんは、おば(あ)ちゃんで、

    「こうやって駅の方に出てくることはあまりないから、

    お昼には何を食べようかしらね」なんてことをずっと話している。

    そば、うどん、ラーメン、パスタと候補があり、

    パスタがいいかしらねえ、とパスタに落ち着きそうだった。

     

    先生は聞き上手話し上手なんだろうな。

    こんな風に毎日人の話を聞いているのかと思うと本当に

    立派だと思うのです。

     

    僕の脚の痛みは原因がよくわからなかったのだが

    施術を受けて、あとは治癒力に任せましょうと。

    で、帰りに僕があんまり辛そうだから使います?と言って

    貸してくれたのは松葉杖。

    人生初の松葉杖。

    普通に歩けば15分くらいのところを50分くらいかけて

    ヘロヘロになって帰宅。

    翌日は予想通り脇、肩、腕が筋肉痛でメチャ痛む。

    みんな大変な思いをして生きているんだなと、松葉杖を通じて

    考えることもありました。

     

     

     

    原因がよくわからないものだから、いつまた痛むかわからないわけで

    厄介である。

    ちなみにまた少し痛い。

     

    最初に痛めた時は、とにかくなんにもやる気にならず

    安静にしてるだけ。安静にといっても音楽も聞く気にならず、

    楽器に触れる気にもならず、時間だけが過ぎていくのがもったいなく感じて

    気分を変えたくて普段まったく描かない絵でも描いてみようと。

    少し前に買ったレイチャールズのレコードを見ながら。

     

    レイチャールズのつもりがなんだかピコ太郎みたい。

    Ray or Pico ?

     

     

    category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    ココニアル
    ココニアル (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    2nd album
    2010年リリース
    Recommend
    それでいいんじゃないかと
    それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    1st album
    2007年リリース
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM