いずれ直して

2009.07.05 Sunday 11:40
0
    普段はホロウボディのギターしか弾いていないのだが、久しぶりにソリッドボディの
    ギターが弾いてみたくなり、実家の押し入れにしまってあったギターを取りに行った。



    前にも書いたことがあるかもしれないが、
    「フェンダーのストラトキャスタータイプ」のギターで「フレッシャーのストレイター」。
    中学一年の時に友達の兄さんから1万5千円で売ってもらったものだ。
    何年もあとになって本物のフェンダーを弾いた時は愕然とした。それくらい
    まったく別物のチープなギターだ。見た目以外はね。

    さて、また使うにはいろいろと直す必要があるのだが、もともとそんなにお金をかけるような
    代物でもないしなあ、と少し悩んでしまう。



    改めて弾いてみると、まあ驚くほど色気のない音で…。
    しかし、そういうところがかわいいのでありますな。

    このピックアップだって、弦とポールピースがずれずれだし。
    しかしまた、そういうところがかわいいのでありますな。

    鳴らない一弦を自分の力で鳴らさないと!

    category:instruments | by:atanini | - | -

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    ココニアル
    ココニアル (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    2nd album
    2010年リリース
    Recommend
    それでいいんじゃないかと
    それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
    安宅浩司
    1st album
    2007年リリース
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM