札幌にて(2019/6/16)

2019.06.23 Sunday 06:24
0

    北海道の札幌にて「もみじ市&蚤の市」へ栗コーダーカルテットの

    お手伝いで行った。カラッと晴れた北海道をイメージしていたのだけど

    あいにくの天気。そしてめちゃ寒かった。

     

    栗コーダーのステージにはその日の出演者の高野寛さんも飛び入りの

    参加でなかなか貴重な面白いステージになったのではないでしょうか。

     

     

    ティコムーンの二人は出会ったのはだいぶ前のことになるけど

    とても大切な友人です。こんな風に同じ場所に居られることが嬉しい。

     

     

    夜はキコキコ商店というお店に移ってライブ。

    栗コーダーは夜のライブの時はゆるやかでおしゃべりが結構多い。

    そしてこの三人のおしゃべりがの大変に面白い。

    AMラジオを聞いているような感じです。

    このおしゃべりはライブのMCだから面白い、というわけではなくて

    普段の会話そのものなのが面白いところだ。 

    というわけで僕は一日中笑っていられるのです。

     

    僕はといえば気の利いた突っ込みや相槌が打てればいいのだけど

    そういうセンスが全くないのであろう。面白おかしく聞いているばかりだ。

     

    安宅は2曲ソロで歌わせてもらいました。

    ・それでいいんじゃないかと

    ・笑ってみたら

    北海道で歌をうたったのは初めて、かな。

    CD買ってくれた方、どうもありがとうございました。

     

    この日はなにやら22時間起きていたことになってしまった。

    長い一日だった。

     

     

     

     

     

     

    category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

    二子玉川〜青山へ

    2019.05.31 Friday 00:46
    0

      先週の日曜日はダブルヘッダーだった。

       

      まずは二子玉川ライズでリンネルの「心地よい暮らしフェスタ」というイベント

      に栗コーダーカルテットのサポートで行きました。

      二子玉川は映画を見に行くことが多いのでちょこちょこと行く場所だ。

      たいていいつも何かのイベントを催していて、そんな見慣れた行き慣れた場所で

      演奏できるのはとても新鮮だった。

      小さいお子さんたちがとても楽しんでくれていて和やかだった。

       

      午後は移動し青山の月見ル君想フ。

      山田稔明君のソロデビュー10周年というライブ。

      セッティングからリハで3時間を目一杯使い、そして

      少しの休憩で本番に突入、というなかなかハードな一日でした。

      長いことやっている曲も多いけど、バンドの編成とかは違うし

      いつも新鮮だ。

      僕はペダルスティール、エレキギター、マンドリン、クラリネット、

      バックコーラス担当で盛りだくさん。

      頭がいっぱいだったので写真は撮ってない。

       

      山田君10周年おめでとう。

       

       

      category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

      「CIRCLE 2019」へ行ってきた

      2019.05.29 Wednesday 06:06
      0

        5月を振り返る。

         

        19日(日)は福岡でのイベント「CIRCLE 2019」へ

        中村まりさんのサポートで行ってきた。

        大ステージ小ステージどちらも見たいアーティストばかりだし

        久しぶりの再会の友人知人たちもたくさんいるし、一日中そわそわ

        した日だった。

         

        まりさんとの演奏は半年ぶりくらいか。

        天気も良かったしステージを吹き抜ける風がなんとも心地よく

        とても気持ちが良かった。あんまり気持ちよかったから

        緊張とかなく、風に吹かれていたらステージが終わってしまった、という感じだ。

         

        久しぶりに見た細野さんのステージもとても良かった。

        ナタリーに載っているトップの写真がいい!

        伊賀さん最高!

        https://natalie.mu/music/news/332990

         

        伊賀さんのベースはどうしてこういいのかなー、と思いながら

        見ていたのだけれど、

        それは一拍が長いからではないか。

        だからリズムが大きく感じられるから演奏がしやすくて

        聞いてる方は心地が良いということなのかな、と。

        僕の伊賀さん論。

         

         

        さて、会場には友人夫妻が鹿児島から来てくれて本当に嬉しかった。

        僕が20代で知り合って、よく飲んだしよく一緒に演奏した。

        この人がいたから僕は谷中に住むようになったし、20代の思春期を

        一緒に過ごした人といっていいのかもしれない。

        ギターのコードの押さえ方でテンションコードの押さえ方は

        いわゆるロックのギターから入った人間としては複雑で難しいものであるが、

        この人と一緒に演奏することで僕は身に着けていったような気がする。

        当時で築60年くらいだったタイムスリップしたような長屋の片隅で

        飲みながら、ビルの合間からかすかに見える隅田川の花火は良い思い出だ。

         

        彼らは今、鹿児島でウクレレ食堂という食堂をやっている。

        いつか行かねばと思いながらだいぶ経ってしまった。

        今度はこっちから会いに行かねば!

         

         

         

        category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

        イノトモさんと行く大阪〜香川

        2019.05.16 Thursday 22:45
        0

          先週末はイノトモさんと北山ゆう子さんと安宅の3人で

          大阪〜香川へ行ってきました。

           

          大阪は梅田のムジカジャポニカでライブ。

          今回はイノトモさんのアコギ&ギタレレと安宅のペダルスティール&マンドリン、

          そしてゆう子さんのドラム&グロッケンシュピールというやや変則的な編成だったので

          難しいところもあったけど、それはそれでなかなか面白かったのではないかな。

          ベースがいて欲しいという曲もあったので何とかならないかと考えて

          ペダルスティールにエフェクトでオクターバーを使ってみた。

          オクターバーというのは実音に対して1オクターブ低い音を加えて出すことが出来るので

          音が分厚くなるのです。

          これはなかなかイケる!と思ったのは私だけでしょうか。

          スティールの音がオルガンのようなサウンドになるのが面白い。

          もう少し使い続けてみようと思う。

           

          翌日は香川の三豊市へ。

          「まちあわせ2019」というイベントに出ました。

          2年前に僕はひとりでうたいに行き、今回はイノトモバンドで行くことに。

          出演者多数でやや長くなってしまいましたがたくさんの再会があったので

          とても楽しい一日でした。

           

          みなさまどうもありがとうございました。

          宿にいた柴犬がかわいくてたくさん撫でてきました。

           

           

          category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

          つくばキッチンソイヤライブ後記(2019/4/14)

          2019.04.18 Thursday 16:37
          0

            つくばキッチンソイヤライブ後記(2019/4/14)

             

            先日のソイヤでのライブ、お集りのみなさまどうもありがとうございました。

            とてもあたたかい夜になりました。

            いろんなことが久しぶりだったのだけども、そのいろんなことたちが

            全部、やっぱりいいなあと思えた日でした。

            いろんなことというのは例えば、

            ソイヤは気持ちの良い場所だ、

            アンディは素晴らしい演奏家だ、

            ううじんの声はとても深い、等。

            いつも素敵なフライヤーを作ってくれるなつなちゃんもどうもありがとう。

             

            今回、なつなちゃんの絵を見てて、何か自分の顔とは違うな、と思った点があって

            それは何か!と考えたらメガネかけてないのね私。

            そうか、、自分が渡してるアー写が古いんだ。

            新しいアー写を撮らなきゃいけないな。反省です。

             

            さてさて、ライブには大切な友達ううじんが来てくれたので

            ううじんコーナーを設けて3曲歌ってもらいました。

            そのうち1曲はひとりでお願いします、と伝えたところ

            私の曲を選んで歌ってくれました。どうもありがとう。

            自分の曲が何倍もいい曲になって聞くことが出来ました。

            お世辞ではありません。

            ううじんくん、やはり君はすごいよ。歌うべきだよ。

             

             

            <曲目>

            [1部]

            〜安宅ひとりで

            1、Happy Hour (インスト)

            2、笑ってみたら

            3、木と手

             

            〜安宅withアンドウケンジロウ

            4、水たまり

            5、ハートランド(オクノ修曲)

            6、それから

            7、ココニアル

             

             

            [2部]

            〜ううじん一人で

            1、コロ(安宅浩司曲)

             

            〜ううじんwith安宅、アンドウ

            2、アマポーラ

            3、また明日

             

            〜安宅withアンドウ

            4、Si tu vois ma mere(インスト)

            5、ペイパームーン

            6、こいコーヒー(外村伸二曲)

             

            〜安宅withアンドウ、ううじん

            7、そんな毎日

            8、それでいいんじゃないかと

             

            encore

            1、早起きの青い街

            2、いまだから

            category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

            町田にて栗コーダーカルテットのライブでした

            2019.04.03 Wednesday 17:43
            0

              名古屋〜笠松から数日後の昨日、

              町田のNOISEというお店で栗コーダーカルテットのライブ。

               

              このNOISEのあるビルはジョルナというビルで、僕が20歳くらいの頃は

              タハラというCDショップが入っていてよく行った記憶がある。

              懐かしい。

              今は若い女の子向けのファッションビルになっている、といった感じだった。

               

              相模原に育った者としては一番近い都会の街は町田だった、と思う。

              タハラは楽器店もまた別にあって、そこで初めてエフェクターを買ったような気がする。

              MXRのディストーション+というやつだ。

              でもあれは失くしてしまったな。

              でも考えてみれば実家の最寄りの駅にも新星堂ロックインがあったしレコード屋さんもあったし

              恵まれていたなと思う。 

              そこで買ったエピフォンカジノをいまだに使っているのだから、なんだかいいな。

               

              さて、町田のNOISEはあとひと月ほどで閉店してしまうそうなのだが、移転に向けて

              いろいろと頑張っているようです。

              僕は初めて行ったけどとても魅力的な場所でした。

              こんな素敵なお店があったんだなあ、その同じフロアにCD買いに来てたのに

              知らなかった。

               

              ライブもいい雰囲気でとても楽しくあっという間だった。

              この日も一曲歌わせてもらいました。

              聞いてくれたみなさま、どうもありがとうございました。

               

               

               

               

               

               

               

              category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

              日帰りで名古屋〜岐阜笠松

              2019.04.03 Wednesday 17:12
              0

                栗コーダーカルテットの皆さんと会うのは久しぶり。

                今年に入って初めて。

                久しぶりに聞く三人の会話が面白い!

                そうだったそうだったこんな感じだった。

                 

                昼間は名古屋のホールでお子様多めのコンサートで、

                その後移動して、夜は岐阜県の笠松駅の目の前にあるTamakoというお店で

                ライブ。

                東京へ戻る最終電車ギリギリまで演奏し、素早く撤収し電車に飛び乗り東京へ帰る、

                というなかなかにハードな行程だったけど

                帰って来れるものなんだなあ。

                夜12時過ぎて、部屋で一息ついてプシューっと酒を飲みながら

                しみじみ。

                 

                楽しかったです。

                tamakoにては安宅ソロの時間をもらったので一曲歌いました。

                聞いてくれた皆さんどうもありがとうございました。

                 

                category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                2019年 2月10日(日)下北沢ラカーニャにて

                2019.02.11 Monday 17:28
                0

                  昨日はラカーニャに来てくれたみなさま、どうもありがとうございました。

                  感謝感謝です。

                   

                  わたしは2日ほど前に風邪っぽい感じがして、まずいかなと思い

                  早めにいつもの耳鼻科に行ってこれ以上悪くなるな!とあれこれ手を尽くし、

                  まあギリギリセーフだったかな、、というところでしたか。

                  お聞き苦しく感じてしまったらごめんなさい。

                   

                  しかしこんなに声が枯れてしまうようなのはいままでにはなかったかなあ。

                  風邪も花粉も気を付けよう、春のような冬のようなこんな日々。

                   

                  杉瀬陽子さんが東京に移り住んできたので、顔を出してくれるというので

                  ご紹介ということで2曲歌ってもらいました。

                  そして、一番最後にマスターの岩下さんがやや強引に(それが良かった)、

                  見に来ていたううじんを引っ張り出しステージに立ってもらった。

                  ここのところ、同じところをぐるぐるまわり続けている彼女が

                  人前に立って声を発した、というところが大きな出来事でした。

                   

                  どうもありがとうみなさま、貴重な時間を使って見に来てくれて。

                  遅くまでティコムーン影山さんとたくさん話して楽しかった!

                  声が枯れた!

                   

                  夏ごろにまた下北沢ラカーニャでやります。

                  覚えておいてください!

                   

                  2019年 2月10日(日)下北沢ラカーニャにて

                   

                  1部)

                  1、happy hour (instrumental)

                  2、コロ

                  3、水たまり

                  4、笑ってみたら

                  5、糧 (仲井戸麗一)

                  6、ココニアル

                  7、それでいいんじゃないかと

                   

                  2部)

                  杉瀬さんと

                  1、悲しみよ愛を孕め(杉瀬陽子)

                  2、夜行列車(杉瀬陽子)

                  3、それから

                  4、はじめの一歩

                  5、ハートランド(オクノ修)

                  6、木と手

                  7、そんな毎日

                  8、おもえばおもうほど

                  9、ペイパームーン

                  10、いまだから

                   

                  encore

                  1、こいコーヒー(外村伸二)

                  〜ううじんと

                  2、むりしない(ううじん)

                  category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                  加古川〜京都(12/2)

                  2018.12.05 Wednesday 06:12
                  0

                    昨日の長い一日が終わったと思ったら、次の日は早く始まってしまった。

                    なんだかゆっくりと眠れなくってごろごろしながら

                    you tubeを見始めた。

                    これは長いだろうから、と今まで見送っていたクイーンの

                    1985年の来日時のライブ映像。

                    これはたぶん当時テレビで放送されたものだろう、と思って

                    見始めたら正にそれであった。

                    なんとなく見始めたら一気に引き込まれてしまった。

                    笑っちゃうほどよく覚えている映像であった。

                    思春期の人の吸収力ってのは凄いなあ。

                     

                    さて、昼には京都に着いた。

                    京都といえばやはりたぬきうどんが好きである。

                    駅から少し歩いてうどんを食す。やはりうまかった。

                    そして喫茶店を求め歩き、なかなかよさそうなところを見つけ

                    入る。

                    じいさんばあさんがNHKののど自慢を見ながらわいわいしゃべっている

                    元気なお店であった。

                    お店のおばちゃんは僕のギターを見て「これギターよね、

                    ここには昔、たかじんが来たことあるのよー」

                    といわれ、さすがにやしきたかじんの人気はすごいな、と思う。

                     

                    エンゲルスガールではみなさんあたたかく

                    とてもリラックスしてやれました。来てくれたみなさま

                    お店のみなさま本当にどうもありがとうございました。

                    また行きたくなる、そんなお店が京都にはたくさんある。

                    杉瀬さん今回はいろいろとありがとう。

                    マイクを通さない生の声ゆえに染み入るものがあったし、

                    とてもいい夜だったなと振り返る。

                     

                    2日間、出会ったみなさまどうもありがとうございました。

                     

                     

                     

                    category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                    宝塚〜加古川(12/1)

                    2018.12.04 Tuesday 06:27
                    0

                      なかなかにハードな一日だった。

                      家を6時半過ぎに出て関西蚤の市の会場である阪神競馬場内の楽屋に着いたのが

                      お昼くらい。それでお弁当をかきこみ、譜面を整理して

                      サウンドチェックをして本番。

                      やるころには若干曇ってきて手先も冷えたけど、

                      空が広くて開放的で、お客様は和やかでとても気持ちの良い

                      ステージでした。

                      撮った写真が一枚もないので、ここで栗コーダーのブログのリンクを貼ってしまおう。

                      https://ameblo.jp/kuricorder/entry-12422926006.html

                       

                      栗コーダー終演後はサウンドチェック中のビューティフルハミングバードの

                      二人に手を振り、私は加古川のチャッツワースへ向かう。

                      まるで超多忙な人のようだがこんなことは珍しい。

                       

                      チャッツワースは山田稔明君のライブ。

                      山田君とはここで一緒にやるのが10年ぶり。

                      そして二人でやるのも久しぶりだけど

                      あんなにたくさんやったのは初めてなんじゃないかな。

                       

                      僕はまずは前座として時間をもらい4曲歌った。

                      曲目は

                      1、それでいいんじゃないかと

                      2、笑ってみたら

                      3、それから

                      4、いまだから

                       

                      そして山田君のステージでもたくさんバッキングヴォーカルを

                      とりたくさん歌った。

                      バッキングヴォーカルというのはなかなか難しい。

                      弾きながら歌うという感覚では曲に入り込めない。

                      歌いながら弾くというのでないと。

                      つまり歌っていない部分も口の出さずに心のどこかで歌っていないと

                      うまくはいかない。

                      とまあ、そんなことは当たり前か。

                       

                      ここでも撮った写真が一枚もないので、山田君のブログのリンクを貼ってしまおう。

                      http://toshiakiyamada.blog.jp/archives/2018-12.html

                       

                      横になって寝たのは1時くらいか。

                      長い一日終了。

                      category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      ココニアル
                      ココニアル (JUGEMレビュー »)
                      安宅浩司
                      2nd album
                      2010年リリース
                      Recommend
                      それでいいんじゃないかと
                      それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
                      安宅浩司
                      1st album
                      2007年リリース
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM