楽器いじり

2015.06.29 Monday 04:15
0
    昨年買ったドブロであるが、安物の部類なので
    いろんなところのつくりが甘い。
    まあ、直したり手を加えたりというのを前提に買ったのでその辺はいいのだが
    サドルが適当につけられていたのでとにかくオクターブのチューニングが合わないし
    何とかしないとな〜とずっと思っていた。
    自分で木材加工してやったろうじゃないか!と思っていたものの結構な手間が
    予想されてなかなか手をつけられなかった。

    で、いろいろ考えた末に、何かとお世話になっている木道具ki-to-teさんに相談して
    作ってもらいました。
    前にはギターアンプのバッフルボード(スピーカーをつける前板ですね)を作ってもらったことがあって
    今でもアンプは活躍しています。本当にありがとうございます。

    元々のサドルをはずし新しいものをピタッとはめ込み微調整。

    うまく交換できるか結構不安だったけど、スムーズに出来た!
    交換後は見違えるような音に変身。
    もともとが良くなかったせいもあるが、変わるものだなあと感心。
    上品な音は出ないが僕にはこれで十分。
    とにかく弾くのが楽しい。
    練習練習。

    いろんなものをはずしてみたり。
    しかし、どうしてこの丸穴をキッチリ丸く開けられないのかな
    と思ったり。安いとはいえ雑だなあ。
    けどそんなところも可愛らしいなと思えたり。

    category:instruments | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

    ギターの配線直しなど

    2015.05.26 Tuesday 13:42
    0



      さて、いくつも続けて投稿なのであるが、

      痛みはけっこう気持ちを萎えさせる。
      いろんなことにやる気が出ない。
      出ないので中々はかどらなかったギター内部の配線、コンデンサの交換が
      時間をかけてやっと終了。
      たぶん5年くらい今の状態で使っていたのだが、先日植田君のギターに触れてから
      また見直してみようと思い立ったのが始まり。

      ちょっと低音が出すぎて使いづらいところもあったので、今回はすっきりさせようと。
      またいじるかもしれないけどしばらくはこれで。
      些細なことではあるけれどこのコンデンサ(キャパシタ)というパーツ、
      深くて面白い。
      僕のはヴィンテージパーツでもなんでもないので150円くらいだったかな。



       
      category:instruments | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

      楽器のこと2

      2010.03.13 Saturday 00:32
      0
        マンドリンのペグが壊れてしまった。
        いや、もうずっと前から壊れていたのをなんとか使っていたのだが、もうどうにもならないなというわけで交換。
        いろいろ調べると全く同じのものがあり、難なく交換できて満足。
        ペグ自体マイナーチェンジしてあって精度も上がっていたし。



        楽器にシールなんて貼るのは好きじゃないが、これは金沢のもっきりやの横の洋食屋さんでもらったものをライブの前にいたずらでつけられたものだ。何となく記念にそのままにしてある。


        京都の楽器職人I君に「マンドリンの弾きやすさはナットの高さがポイントですよ」と聞いていたので、少し手を入れてみた。
        確かに!

        category:instruments | by:atanini | - | -

        楽器のこと

        2010.03.10 Wednesday 00:14
        0


          さて、以前手に入れたこのギター、見た目がひどい。
          このひどさが逆にいい感じで気に入っているのだが、音が少々物足りなく改造をしてみた。

          このギターは、国産の、古い、安っぽい、だけどなんだかいい、という音が出そうなギターを探していた時に出会った。この少々足りない感じのまま使って行くのもありなのだが、道具はよりよく使えなきゃ意味がないというわけで。
          マイクを取り替える。
          E君、こころよく相談にのってくれてありがとう。
          いただいたP90のマイクは大切に使わせていただきます。





          category:instruments | by:atanini | - | -

          いずれ直して

          2009.07.05 Sunday 11:40
          0
            普段はホロウボディのギターしか弾いていないのだが、久しぶりにソリッドボディの
            ギターが弾いてみたくなり、実家の押し入れにしまってあったギターを取りに行った。



            前にも書いたことがあるかもしれないが、
            「フェンダーのストラトキャスタータイプ」のギターで「フレッシャーのストレイター」。
            中学一年の時に友達の兄さんから1万5千円で売ってもらったものだ。
            何年もあとになって本物のフェンダーを弾いた時は愕然とした。それくらい
            まったく別物のチープなギターだ。見た目以外はね。

            さて、また使うにはいろいろと直す必要があるのだが、もともとそんなにお金をかけるような
            代物でもないしなあ、と少し悩んでしまう。



            改めて弾いてみると、まあ驚くほど色気のない音で…。
            しかし、そういうところがかわいいのでありますな。

            このピックアップだって、弦とポールピースがずれずれだし。
            しかしまた、そういうところがかわいいのでありますな。

            鳴らない一弦を自分の力で鳴らさないと!

            category:instruments | by:atanini | - | -

            Calender
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            ココニアル
            ココニアル (JUGEMレビュー »)
            安宅浩司
            2nd album
            2010年リリース
            Recommend
            それでいいんじゃないかと
            それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
            安宅浩司
            1st album
            2007年リリース
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM