ミュージックマガジン4月号にインタビュー記事載りました

2020.03.19 Thursday 11:44
0

    本日3/19発売のミュージックマガジン4月号にインタビュー記事載りました。

     

    インタビュアーは天辰保文さんでした。

    先月末に取材があったのですが、おバカな私はうっかり同じ日にダブルブッキングをしてしまい(たぶん初めて)

    この取材をすっぽかしてしまうところでした。

    そんなことになっていたら一生モノの後悔をすることになったでしょう。。

    無事に掲載されることになって良かった良かった。

     

    昔からお名前やライナーノーツなどで目にしていた天辰さんにお会いすることが出来て

    嬉しかったです。ありがとうございました。

    (手にしているのは3月号)

     

    (こちらが4月号です。 写真が横向きになってしまい直らない!)

     

    ぜひ手に取って見て下さい!

     

     

     

     

    category:メディア | by:ataninicomments(0) | -

    ライブ後記(青山 月見ル君想フ2020/3/17)

    2020.03.19 Thursday 11:34
    0

      ライブ後記(青山 月見ル君想フ2020/3/17)

       

      月見ル君想フで演奏することは何度かあるのだけれど、

      自分のソロでやるのは初めてだったかもしれない。

      5人のシンガーが2曲ずつ歌いまわしていくというイベントでした。

       

      キムウリョン〜リ・ファンデ〜イノトモ〜安宅浩司〜金田康平

      という順でやりました。

       

      安宅浩司の曲目です。

      1、いまだから

      2、笑ってみたら

       

      3、ペイパームーン

      4、それでいいんじゃないかと

       

      5、Hard Times Come Again No More(インスト)

      6、それから

       

       

      次の安宅のライブは4/5(日)下馬「ニューさがみや」です 

      http://www.new-sagamiya.com/

      category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0) | -

      2/29〜3/2の九州ライブについてのお知らせです

      2020.02.27 Thursday 23:37
      0

        直前のお知らせになってしまい申し訳ありません。

        コロナウイルスの騒ぎの中、どうしようかと気持ちは揺れ動き、

        ひたすら考えをめぐらせた結果ですが、

        2/29〜3/2に予定していた九州3日間のライブは中止させていただきます。

        楽しみにしてくれていた皆様、本当に申し訳ありません。

        改めてまた別の機会にやりたいと思っております。

        その時にお会いできれば嬉しいです。

        ー2/27(木)安宅浩司

        category:ライブスケジュール | by:ataninicomments(0) | -

        来週2/29(土)〜3/2(月)は九州3か所でライブです

        2020.02.20 Thursday 05:31
        0

          さて来週は九州3か所に行ってきます。

          2/29(土)鹿児島 ウクレレ食堂

          3/1(日)熊本 橙書店

          3/2(月)福岡 アトリエ穂音

           

          詳細はこちら→ライブスケジュールhttp://schedule.kojiataka.com/をご覧ください!

          ご予約お待ちしてます!

           

           

           

          category:ライブスケジュール | by:ataninicomments(0) | -

          大塚まさじさんのラジオ番組「MOONLIGHT MAGIC」

          2020.02.18 Tuesday 22:09
          0

            昨日までに、ここにも書いておけばよかった!

            ツイッターではお知らせしていたのですが、

            関西方面で聞けるFM COCOLOの大塚まさじさんのラジオ番組

            「MOONLIGHT MAGIC」の放送が昨晩(17日24時〜25時)ありました。

             

            私は直接聞けないので、radikoのエリアフリーで聞きました。

            向こう一週間はタイムフリーで好きな時間に聞けますので

            もしも気になるという方は是非聞いてみて下さい。

             

            ラジオの収録は過去何度か、そして時間も少しだけというのはありましたが

            今回はたくさんしゃべっています。

            なので、「うわーなんだか恥ずかしい!」と聞いていられないかと

            びくびくしてましたが、そんなこともなく普通に楽しんで聞けました。

            良かった良かった。

             

            出来れば聞いてもらいたいですが、

            番組の流れを少し説明をすると、曲流れてトーク、曲流れてトーク、です。

            ・いまだから (安宅浩司 /THE ACES)

            ・夜しか泳げない(シオン/夜しか泳げない)

            ・それから(安宅浩司/THE ACES)

            この3曲を流してもらいました。

             

            2週にわたっての放送なので、来週もあります。

            2/24(月曜日24時〜25時) 

            FM COCOLOの大塚まさじさんのラジオ番組

            「MOONLIGHT MAGIC」です。

             

            こんな風に時間をいただいて話ができるなんて本当にうれしいことです。

            大塚さん、あらためてありがとうございます!

             

             

            category:日記 | by:ataninicomments(0) | -

            アー写『THE ATAKA』

            2020.02.13 Thursday 10:48
            0

              さて、写真を新しくしなきゃなということで先月更新したのだが、

              (↓下に写真あり)

              この写真はその昔(13年前かな)に撮った場所で同じポーズで撮ってみたものです。

              昔の写真が小さいデータしか見つからず大きくできないのが残念だ。

               

              この写真は楽器も手にしていないし面白いけど、これだと何の人だかよくわからない人だよね、

              ということであまり使わなかったような気もする。

               

              今回は発作的衝動的に、谷中に行き、同様の写真を撮ってみたまでです。

              その頃その近所に住んでおりました。

              この「THE」というのは合成みたいだけどそうではなくて、

              場所は台東区谷中にある『SCAI THE BATHHOUSE』という

              銭湯を改装したギャラリーで、その壁面に書かれた文字の一部分です。

              今回は日が差していたから影が入ってしまったけど、

              年がひと回りして陰も出てきたかな…とそれもまた良しってことでそのまま撮りました。

               

               

               

              新アルバム紹介ページはこちら↓

              http://theaces-3rd.jugem.jp/

              category:アー写 | by:ataninicomments(0) | -

              さらば

              2020.02.10 Monday 06:51
              0

                今まで何度か書いてきたことがあるけど、

                初めて手にしたギターはFresherのstraighterというモデルだった。

                Fenderのstratocasterにに遠く及ばない国産の安物ギターだった。

                初めて手にしたギターという愛着と、売りたくても売れるような(値段がつくような)

                ものではないというところからずっと手元にあって、押し入れから時折出してみては

                使える機会がないかなーとあれこれいじっては改良してきた。

                でも安い音はどうしても安いままで、これはどうにもならないことなのだと

                思うようになっていた。

                以前、デジマートマガジンの特集で昔の国産ギターを弾き比べる、みたいな特集の時に

                このFresherも紹介されtれいたけど、「チープな味わい、まるで駄菓子のような味わい」

                という風に書かれていて、なんて的を得た評価なんだ!と感心した。

                そう、このギターは正に駄菓子的な味わいでありました。

                 

                で、ウチは狭いし押し入れも狭い。

                この際、楽器も見直して押し入れを整理して、断捨離しようという

                ことになったのだが、さてこのギターはどうしたものか、と。

                楽器屋さんの買取に持って行っても間違いなく値段がつかないし、

                つけられてとしても1000円もしないかもしれない。

                ヤフオクやメルカリなんかならもう少し値段はつくかもしれない。

                でも発送は手間だし嫌だなーと。

                 

                そこで気がついた。

                このギターはもう僕の手元では十二分に役目を果たしてくれたし、

                この先も出番は無いはずだし必要はない。

                大げさに言えば、この楽器は今までの僕の人生に光を与えてくれた。

                思い出がありすぎる。大した思い出ではないが、身の回りにあるモノとしては

                最長だろう。

                そんなギターには値段が付けられないのだと。

                どこかの誰かにバッサリと安い値段をつけて欲しくないのだと。

                 

                と、色々考えた日曜日の朝。

                家の前の通りに「差し上げますのでご自由にお持ちください」という

                メモを貼って置いておいた。

                どこかの誰かが売ってしまっても構わない、分解しても構わない、

                持って帰って弾いてみたけど気に入らなくて粗大ごみに出しても構わない。

                 

                昼過ぎに見てみたら、ギターがなくなっていた。

                バイバイ。


                追記

                写真を探してみたら見つかったので載せておこう。

                 

                category:日記 | by:ataninicomments(0) | -

                Calender
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << March 2020 >>
                Selected entry
                Category
                Archives
                Recent comment
                Recommend
                ココニアル
                ココニアル (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                2nd album
                2010年リリース
                Recommend
                それでいいんじゃないかと
                それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                1st album
                2007年リリース
                Link
                Profile
                Search
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM