武蔵小山アゲインにて

2017.03.16 Thursday 05:51
0

     先日は武蔵小山アゲインで駒沢さんとのライブがありました。

    はたで見ていて聞いていてなんだか胸がいっぱいになりました。

    駒沢さんの音楽は深い。

    音楽は、なんていうくくりじゃなくてもっと大きな、

    懐の大きな感じがします。

    いいものを間近で感じられて幸せであります。

    ありがとうございました。

     

    今のところ毎月やることになっていますが、

    来月は4月12日(水)に十条のシネカフェ・ソトで

    「駒沢裕城&安宅浩司」ライブが決まっています。

    見てみたい聞いてみたい、と思う皆様、

    水曜日の夜ではありますがぜひにお越しを!ご予約を!

     

    安宅のライブスケジュール↓

    http://schedule.kojiataka.com/

     

     

     

    category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

    ああブルーズ

    2017.03.08 Wednesday 06:06
    0

      「ロバートジョンソンよりも前にブルースギターを物にした9人のギタリスト」という

      やけに長いタイトルの本を読んだ。

      正直なところ、このタイトルはなんだかなと思っている。

      原題は「EARLY BLUES  /THE FIRST STARS OF BLUES GUITAR」

      ・Sylvester Weaver

      ・Papa Charlie Jackson

      ・Blind Lemon Jefferson

      ・Blind Blake

      ・Blind Willie McTell

      ・Blind Willie Johnson

      ・Lonnie Johnson

      ・Mississippi John Hurt

      ・Tampa Red

      の9人のことが書いてある。

       

      僕にはタイトルだけがピンと来ないのだが、内容はとてもとても面白い。

      いわゆるカントリーブルースだとか戦前ブルースなんてくくり方をされている

      この音楽が僕はとても好きでありいろいろと聞いてきた。

      とはいえ、広くたくさん聞いてきたのかといえばそうでもないかもしれないな。

      その時々の音楽的好みというのもあるし。

      この本の中では特に好きで聞いてきたのはBlind BlakeとBlind Willie Johnson。

      近年好きなのはBlind Willie McTell、Mississippi John Hurt。

      戦前の録音物はたいていノイズとともにあってそれもすぐに慣れるし

      悪くはないと思っている、のだが、

      Blind Lemon Jeffersonはその昔聞こうとしたけど、なんだか音が悪いなと思って

      あまり入り込めなかった。

      それも本を読むとBlind Lemon声がとても大きかったので針飛びするから録音レベルが

      小さかった(ためにサーというノイズが大きい)などと書いてある!

      なんてことだ、面白い。

      Blind Blakeは声も小さめだったので録音レベルが大きいので音質も良いとか。

      録音技術の進化もあるだろうけど。

      なんてことを面白がって読める僕には面白い本なのです。

       

      Tampa Redはそんなに聞いてこなかったけど直系のスライドギターを弾くRobert Nighthawkは

      大好きでよく聞いている。

      しかしこの本で一番読みごたえがあるのはLonnie Johnsonの項じゃないかな。

      この人だけキャリアが長かったということもあるだろうけどページ数が多くて内容もとても細かい。

      そして読むほどに他のブルーズマンとは全然違ってその枠に収まりきらない人だとわかる。

      その昔「Pioneer of Jazz Guitar」というレコードを聞いていたけど、このLonnie Johnsonという

      クレジットの人は別人なのかなと思っていたくらいだった。

      今まではブルースに関する本を読んでもあまり特別視されているわけでもないような気がしていた。

      Robert Johnsonに比べれば。

      でも本書ではLonnie Johnsonのことが、この曲ではバイオリンを弾いているとか、

      この曲ではバンジョーとか、かなり詳しく書いてあって実に興味深い。

      幅の広さ枠の広さゆえに、ブルース畑ジャズ畑どちらからも語りづらい人だったのかな。

       

      こんな歳になって再発見&再認識しました。知ってた人は知ってたんだろうけど。

      世の中にはまだまだ自分の知らないことで心にふれることがありますね。

       

      まあマニアックではありますが、古いブルーズに興味のある方には

      楽しめる本だと思います。

       

      category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

      音楽室にて

      2017.03.08 Wednesday 05:13
      0

        おとといは駒沢さんとリハ。

        今週末3/12(日)に武蔵小山アゲインでライブがあります。

         

        先月に続いて2度目のライブです。

        少しずつですがようやく呼吸が合ってきたのかなと思えるリハでした。

        でも気を抜かないように気を付けないと。。

         

        向かい合って、先生と生徒のような感じで。

        category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

        今後のライブ予定もろもろ

        2017.03.02 Thursday 05:49
        0

          3月に突入。

          早いですね。

           

          3月中のライブは

          3/12(日)駒沢裕城&安宅浩司@武蔵小山アゲイン

          3/18(土)ふらり・ね@下北沢ラカーニャ

          3/20(月)杉瀬陽子@高円寺メウノータ

           

          4月のライブも載せておこう。

          4/12(水)駒沢裕城&安宅浩司@十条カフェソト

          4/22(土)安宅浩司&スチョリ@大阪martha

          4/23(日)安宅浩司、他多数のイベント@香川  川鶴酒造 鶴鳴館

          他にもありますがとりあえず。

           

          あとは後回しになっている自分の曲をたくさん作らなきゃ。

          iPhoneのボイスメモに録りためてある曲の断片を整理見直し中。

           

          category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

          朝から落語を聞く

          2017.02.22 Wednesday 06:08
          0

            朝にラジオを聞くことが多いと書いたが、

            ラジオの気分でもない時は落語を聞くことも多い。

            you tubeにはたくさんあがっている。

             

            よく聞いているのは立川志の輔さん、柳家喬太郎さん、かな。

            志の輔さんで好きな話はたくさんあるけど、「みどりの窓口」

            「買い物ブギ」とかはホントに笑える。

            昨日は「しじみ売り」を聞いた。沁みるいい話。

             

            喬太郎さんの話でダントツに好きなのは「孫帰る」。

            以前ざぶとん亭馬場さんの企画したイベントで寒空はだかさんの

            カラフルロスタイムショーというのがあり、とても面白いイベントだったのだが

            この時に喬太郎さんの落語を聞いたのが初めてだった。

            で、その時の演目はなんだったっけなー、と思ってもなかなか思い出せない。

            こどもとじいさんがで出て来てホロっとした覚えがあるんだけどなと思い

            (その記憶も定かではない。いい話だったという覚えだけがある)、

            調べていると「孫帰る」というのがそれかもしれないと思ったので聞いてみた。

             

            聞いたらめちゃ泣いた。

            その次の朝も聞いたら、また泣いた。

             

            桂枝雀さんの「いたりきたり」という話もとても笑えてなんだか深い。

             

            キリがないのでここまで。

            今日も1日頑張って生きよう。

            category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

            朝のラジオなど

            2017.02.21 Tuesday 05:06
            0

              早起きといえば、僕は大体早起きなのであるが、何かしながら

              ラジオを聞いていることが多い。

               

              今日はラジオアプリで「Folk Alley」を聞いている。

              アコースティック音楽が流れるチャンネルで、

              明け方聞くには温度感がちょうど良くて好きである。

               

              でも基本的には朝は人の声が聞きたいのだ。音楽だけでなくて。

               

              そうそう、土曜日はinterFMでやっている「グリーンジャケット」というゴルフ番組を聞いている。

              僕はゴルフはやったこともないしたぶんこの先もやらないだろう。

              だからなんでそんな番組を聞いているのか?と思いますよね、

              しかしこれが大変に面白いのである。

              たぶん5時台からやっていると思うけど、その時間帯は知らない。

              6時を過ぎるとゴルフ用品の紹介みたいなことをしていて

              シャフトがどうこうだとか、チタンでできているとか、ヘッドスピードがどうだとか

              僕の人生には一ミリも関係していないと思われるが、

              これをギターとかの楽器にたとえて言うならば、

              ボディはアッシュ材で、ブリッジの駒はチタン製で、指板はメイプルで

              ローズウッドよりも音の立ち上がりが早い、みたいなことなんだろうな

              と思いながら聞いている。

              だからどうだというわけではないんですが。

               

              そんなコーナーが過ぎると6時半くらいから「スポーツのツボ」

              というコーナーになり、誰かゲストの方が来て(来ない時もある)

              今現在、スポーツ界が直面している問題について語り合う。

              これが好きで僕はこのラジオ番組、およびナビゲーターのタケコヤマさん(カタカナが正しいのかは知らないですが)

              を聞いている。

              その都度テーマは違うけど、ゴルフ界、野球界、相撲界、サッカー界、

              国立競技場の問題、オリンピックの会場開催地の問題、そういうものに係る政治的な話

              など多岐にわたって幅広く、結構勉強になる。

              単なる井戸端会議的なものではなく、真剣に取り組んでいる人達の話なので

              なるほどなあとうなずけることが多い。

              こういう言いたいことを言っている番組ってそうそうないよな、と思って

              この貴重なラジオ番組を毎週ではないながらよく聞いている。

               

              7時を過ぎるとNHE-FMに切り替えてピーターバラカンさんの「ウィークエンドサンシャイン」だ。

              本当にたくさんのいい曲を紹介してくれるこれもまた貴重な番組だと思う。

              1月の放送で流していたWilliam Bellの新作「This Is Where I Live」がとても素晴らしく良くて、

              僕の最近のヘビーローテーションである。

              William Bellは60年代の曲を何曲か知っているくらいで、そんなに聞いたことのなかった人だし

              とっくに過去の人だと思っていた。

              けどこの新作は味わい深くて素晴らしい。

              「俺はメンフィスで生まれて

              小さいころにサムクックがチェインジイズゴナカムを歌うのを聞いたんだ

              で、ソウルに触れてさ

              新しい世界があると思って出発してさ

              で、今ここにいるってわけさ」

               

              というようなことを歌っているんじゃないかなと思うんだけど。

              ちゃんと訳したら違うと思うけど勝手な解釈で。

               

              長くなったのここでおしまい。

              今日もがんばろ。

              This Is Where I Live

               

               

               

               

               

               

               

              category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

              なんとなく早く起き

              2017.02.21 Tuesday 04:51
              0

                昨日はふらり・ねhttp://hurari.net/のリハーサル。ライブはひと月後の

                3/18(土)に下北沢のラカーニャです。

                盛りだくさんでとても楽しみなライブです。おすすめですので是非どうぞ!

                 

                夕方はひどい雨だった。

                そして早起、というか目が覚めたら鼻水がひどい。

                風も吹き荒れていたし花粉の始まりでしょうかね。

                この時期はつらい年とそうでもない年があるんですよね。

                本格的には4月になると嫌なんですね、ヒノキの花粉が苦手なんでしょうかね。

                グダグダボケボケで書き進んでます、がこの辺にしておこう。

                 

                category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                Calender
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << March 2017 >>
                Selected entry
                Category
                Archives
                Recent comment
                Recommend
                ココニアル
                ココニアル (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                2nd album
                2010年リリース
                Recommend
                それでいいんじゃないかと
                それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                1st album
                2007年リリース
                Link
                Profile
                Search
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM