8月ですと。

2017.08.01 Tuesday 23:05
0

    8月ですと。

    早い早い、言っても仕方ないけど。

     

    7月は激しく忙しい日々で、あっという間に過ぎ去りました。

    やっと一息ついたかなと思ってたまっていたあれこれを書こうと思ったけど

    なかなか筆が、というか指が進まない。

    ライブの後記くらいはしっかり書いていかんと。

     

    でもそれは置いておいて、

    スマホが暴走中である。

    少し前からこのゴーストタッチ、と呼ばれる症状(勝手にアプリを開いたり閉じたり)があって、

    あれこれ手を尽くしては良くなったり悪くなったりを繰り返していたのだが

    今日はひどい。

    手が付けられないという感じ。

    ということでもうスマホには触れたくないのだ。

    スマホなんて無いと平和だ。

    依存しているか、というほど一日中触っているわけではないが

    それでもまあ生活の一部にはなっていると思う。

     

    問題はいらぬ電話やメールをかけてしまってはいないか、

    や誤削除等していないかという心配が残っているということである。

     

    はい、今週末、来週末は栗コーダーカルテットのライブがあります。

    http://schedule.kojiataka.com/

    そして8月の後半にはとても楽しみなライブがあります。

    中山うり↓

    http://nakayamauri.com/live/

     

    振り返ったり、先のことを書いたり、

    マメにしていきたい、8月です。

     

    category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

    今週末は大阪でライブです。

    2017.06.20 Tuesday 23:38
    0

      書きたいこと、書くべきことがたまっているのだが、

      ひと月ぶりの更新だ。まずいなこんなことじゃ。

       

      とりあえず

      今週末のライブのお知らせを。

      この3人でお互いのカバーやったり、まあいろいろと

      企てているのです。

      大阪でのライブは僕は4月以来かな。

      この3人でいったいどうなることやら。

      梅雨に入りましたが嵐は来るのか!

      ご予約お待ちしてますのでぜひ見に来てくださいね!

      http://schedule.kojiataka.com/

       

      6月24日(土) @梅田 ムジカジャポニカ

       

       

       

      音楽感謝Presents Live
       『Cloudy SKY』
      出演  :スチョリ/安宅浩司/杉瀬陽子
      時間  18:00開場/19:00開演
      料金  ¥3,000(前売)/¥3,500(当日)
      ※ドリンク代別途要
      からお願いします!
      会場:
      大阪市北区神山町1-24 扇町ビル101
      梅田 ムジカジャポニカ
      tel & fax:06-6363-0848

      (全線/梅田駅から泉の広場M10出口へ)
      (堺筋線/扇町駅からA2出口へ扇町公園抜けて)
      *3組の対バンという形ではなく、それぞれのソロあり、それぞれのカバーあり
      デュオ演奏があり、トリオ演奏があり、という夜になります。
      きっと面白いライブになります。この3人を知っている方も知らない方も是非に!
      お待ちしております。
      category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

      今月末(5/31水曜日)のライブのお知らせです!

      2017.05.21 Sunday 20:24
      0

         

        今月末のライブのお知らせです!

        駒沢さんとのライブは今度で4回目になります。

        ペダルスティールって不思議な楽器だと思います。

        駒沢さん曰く「ペダルスティールはね、可能性のある楽器だと思うんだよね」

         

        というわけでぜひ見に来てください。

        ご予約お待ちしてます。

         

        *****************

        5月31日(水)@十条 シネカフェ・ソト

         

         

         

        駒沢裕城 (Pedal Steel)

         & 安宅浩司 (Pedal Steel,Acoustic Guitar)ライブ
         

         

        時間:open 18:30/start 19:30 
        料金:事前予約 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (共に1drink代別途¥500)

         

        会場:シネカフェ・ソト JR埼京線十条駅前(新宿から11分)


        【ご予約】
        メールで承ります。タイトルを「5.31駒沢安宅ライブ予約」とし、

        代表者のお名前、ご連絡先、人数(1回のご予約は最大3名まで)を明記の上、

        下記のメールアドレスにお送り下さい。

        折返し、整理No.付きのご予約完了のお知らせを返信致します。
        ご予約のメールフォーム:cinecafesoto@gmail.com

        【お問い合わせ】
        シネカフェ・ソト 電話:03-3905-1566

        http://www.cinecafesoto.com/article/449539752.html

         

        *先月に引き続き、十条のシネカフェ・ソトにてやります。

        駒沢さんの演奏を聞いたことのない方、ぜひ体験を!

        下北沢ラカーニャにて(2017/5/14)

        2017.05.21 Sunday 20:02
        0

          先日のラカーニャライブ、来てくれたみなさま

          どうもありがとうございました。

           

          今回は安宅&アンディの二人にプラスしてゲストとして

          松永希さんと江口優くんが加わりあれやこれやとやりました。

          大体同年代の集まりのようなものになりました。

          みなさまありがとう。またやるかね、いろんな形で。

           

          初めに歌った加川さんの「祈り」、ちっとも歌えなかったな。

          この曲は先月ラカーニャでたくさんレコードを聞いた夜、一番心に残った曲。

          でも、ちっとも歌えなかったな。

          とても深い歌です。

           

          曲目リスト

          下北沢ラカーニャにて(2017/5/14)

           

          第一部

          <安宅 ソロ>

          1、祈り〜ラブソング(加川良)

          2、それから

          3、笑ってみたら

           

          <安宅 withアンドウケンジロウ>

          4、水たまり

          5、ペイパームーン

           

          <江口優 with 安宅&アンドウケンジロウ>

          6、夕暮れ電車(江口優)

          7、お散歩(江口優)

           

          <安宅 withアンドウケンジロウ>

          8、こいコーヒー

           

           

          第二部

          <安宅 withアンドウケンジロウ>

          1、I never had it so good (Buddy johnson)

          2、まわり道

          3、思えば思うほど

           

          <松永希 with 安宅 &アンドウケンジロウ>

          4、春のような(松永希)

          5、ひみつ(松永希)

          6、ウラメ〜(松永希)

          7、今だから

           

          encore

          <安宅 withアンドウケンジロウ>

          1、早起きの青い街

          <全員>

          2、それでいいんじゃないかと

           

          写真は沢田節子さんに撮ってもらいました。ありがとうございます。

          category:ライブ後記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

          いいライブを見た

          2017.05.21 Sunday 12:55
          0

            マークリーボウとデイヴィッドイダルゴのライブを見に

            渋谷クアトロに行く。

            やはりマークリーボウは最高である。

            ほんとに現在を生きるギタリストの中では一番好きかもしれない。

            美しくて壊れてて。

            今回はたくさん歌っててそれもまた良かった。

            スライドを弾く好きなギタリストはまた別の話になるけど。

             

            デイヴィッドイダルゴといえばロスロボス。

            よく聞いたアルバムは「colossal head」か「kiko」か。

            あとはラテンプレイボーイズのアルバム2枚も本当に好きなアルバムだ。

            中学生の時に聞いたラ・バンバの印象が強くて、陽気な音楽をやるバンド

            くらいにしか思っていなかったのが20代に再び出会ったのが上にあげた

            アルバム達で、よく聞いたし今でも聞いている。

            ライブは歌もギターも実に良くて、一曲一曲交互に歌い進めていくライブだったんだけど

            ガチガチでもユルユルでもないく、しかしその歌と音にグイグイ引き込まれてしまった。

             

            こんなライブを見ることができてよかった。

            こういミュージシャンを呼んでくれるトムズキャビンの麻田さんに心より感謝!

             

             

            category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

            接骨院へ

            2017.05.20 Saturday 15:21
            0

              年を重ねるたびに体のどこかに不具合が出てくる。

              まあ仕方のないことかなとも思うし、こんな話いつもしているみたいでいやなのだが

              今回はどういうわけだが脚を痛めてしまった。

               

              それは4月の始めころ、ももの付け根当たり、いや腰回りだったか

              はっきりとは覚えていないけどもなんだか痛むなーと思いつつ

              あまり深く考えず過ごしていたら(一週間くらい)、夜は痛みで寝返りが打てず眠れず

              翌朝は歩くのもままならないほどになってしまった。

              その日は日曜日で行ったことのある接骨院は休みで、

              かろうじてやっているところを見つけて行ったけどあまり感じの良いお医者さんではなかったな。

              けど病は気から的なところもあるからその人を信じてマッサージしてもらった。

              結局はよくわからないけど、もものあたりの筋肉が炎症してしまい

              それをかばって動かしているからまわりに負担がかかって炎症が広まって

              痛みが拡大してしまったのだろうと。

              おっしゃることはわかりますけどね、それを和らげて欲しいんです僕は、、

              と声にも出せないくらい痛くて(マッサージが)とてもつらかった。

               

              その後は家でいつも使っているキュウレイコンという漢方の塗り薬を貼り

              3日ほどで一応は治った。

               

              そして3週間ほど経って山田稔明君のライブの日。

              終わって片付けているころなんとなくまた痛みを感じ出し

              帰るころにはまた「こりゃまずいな」と思えるほどに痛くなり、結局その後はまた

              接骨院に。

              今度は針治療もしているところで初体験の針。

              今度のお医者さん(て呼んでいいのかな)はなんだか安心感を与えてくれる人で

              とてもほっとした。

               

              接骨院では隣のベッドとカーテンで仕切られているだけなので、ほかの患者さんと

              先生との話などがよく聞こえる。

              隣で治療を受けていた人はどうやら90歳代の方のようだが、しっかりとした

              話し方だった。

              「満州で終戦を迎えましてね、帰ってくるのに一年かかってしまいました。

              一年間収容所に入っていたんですよ。向こうはね、冬は本当に寒くてね

              外は-30度くらいになるんですよ。

              私ひとりはこっちに帰って来れたけど、母と姉はね、

              向こうへ行ってしまいました。

              戦争はね…、よくないですよ。」

              と、淡々と実に淡々と話していた。

              僕はこういうリアルな話を直接聞いたのは初めてで

              胸に突き刺さった。

              涙が出た。

               

              また別の患者さんは、おば(あ)ちゃんで、

              「こうやって駅の方に出てくることはあまりないから、

              お昼には何を食べようかしらね」なんてことをずっと話している。

              そば、うどん、ラーメン、パスタと候補があり、

              パスタがいいかしらねえ、とパスタに落ち着きそうだった。

               

              先生は聞き上手話し上手なんだろうな。

              こんな風に毎日人の話を聞いているのかと思うと本当に

              立派だと思うのです。

               

              僕の脚の痛みは原因がよくわからなかったのだが

              施術を受けて、あとは治癒力に任せましょうと。

              で、帰りに僕があんまり辛そうだから使います?と言って

              貸してくれたのは松葉杖。

              人生初の松葉杖。

              普通に歩けば15分くらいのところを50分くらいかけて

              ヘロヘロになって帰宅。

              翌日は予想通り脇、肩、腕が筋肉痛でメチャ痛む。

              みんな大変な思いをして生きているんだなと、松葉杖を通じて

              考えることもありました。

               

               

               

              原因がよくわからないものだから、いつまた痛むかわからないわけで

              厄介である。

              ちなみにまた少し痛い。

               

              最初に痛めた時は、とにかくなんにもやる気にならず

              安静にしてるだけ。安静にといっても音楽も聞く気にならず、

              楽器に触れる気にもならず、時間だけが過ぎていくのがもったいなく感じて

              気分を変えたくて普段まったく描かない絵でも描いてみようと。

              少し前に買ったレイチャールズのレコードを見ながら。

               

              レイチャールズのつもりがなんだかピコ太郎みたい。

              Ray or Pico ?

               

               

              category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

              「ひめまつ」停留所にて

              2017.05.20 Saturday 13:48
              0

                マーサでのライブの後に「ひめまつ」停留所を発見した。

                大阪の路面電車の駅だ。

                 

                ここを見つけたのは、まったくたまたまで、なんとなく地図を見ていたら

                「ひめまつ」の字が目に留まり、なんか知っているなこの名前、と思い

                よーく考えてみたらこのアルバムジャケットだと思い出したのだった。

                 

                 

                というわけで、ここに行ってみたのです。

                そしたらあったんですね、ほぼ変わらずに。

                 

                このジャケットの絵の場所がどこであるかなんて

                考えたこともなかったんですが、あったんですね大阪に。

                朝なんでちょっと写真が暗めですが、

                 

                 

                ジャケ絵に書いてある「久島歯科」の看板は同じところにはなかったけど

                すぐ近くにありました。

                 

                驚きましたよ。加川さん。

                 

                 

                 

                 

                 

                category:日記 | by:ataninicomments(0)trackbacks(0)

                Calender
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << August 2017 >>
                Selected entry
                Category
                Archives
                Recent comment
                Recommend
                ココニアル
                ココニアル (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                2nd album
                2010年リリース
                Recommend
                それでいいんじゃないかと
                それでいいんじゃないかと (JUGEMレビュー »)
                安宅浩司
                1st album
                2007年リリース
                Link
                Profile
                Search
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM